投資の考え方

未分類

毎度お世話になっております。エテルナ京都店スタッフ尾股です。緊急事態宣言が今月で解除となります。まだまだ予断は許しませんが、当店に於かれましても今できる対策を徹底する他ありません。皆様に於かれましても日々の対策をしっかりと行って下さい。

さて本日は投資の考え方というタイトルでお送りしますが、投資と聞くと皆様解からないもの、危険なものという先入観があるかと思います。株や不動産等々は何か特別な知識が必要だよね・・・なんか胡散臭くて怪しいよね・・・とお考えになるかと思います。今回お話する投資とはそういったものではなく、あくまで「自己投資」の考え方。

人間が行う支出活動には大きく分けて「消費、浪費、投資」があります。消費に関しては食費や光熱費、家賃等の日々の生活を行う上で必要な支出、浪費はそのままの意で日常では不要なものに支出を行う行為(よくある例がギャンブル等)、そして投資は「お金を得る為に使うお金」先述の株式投資や不動産投資等もありますが一番本位にして頂きたいのが「自己投資」、自分の能力を高めることに支出を行う事です。

収入を得ようとすれば自らの人的資本を労働市場へ投資する必要があります。そして収入を最大化する為には、自己の人的資本をより価値の高いものへ引き上げる、長く労働市場に人的資本を投資し続けることが必要となってきます。ですので収入、利益を獲得するために一番手っ取り早いのは自分へ投資することなんですね。自身に気を使い食生活の改善や定期的な運動を行い健康を維持する、この業界であれば自身の美容へお金を使う、日々のケアを入念に行う、接客術を学ぶ、講習で技術をしっかり学ぶ、身に付ける(講習とは本来こうしたものですスケベ講習に躍起になってる所は滅せよ)等々があります。
自己投資という種を蒔くことで、芽吹き、花を咲かせ、実を結ぶ。そして実を結ぶことはプラスの収益へと繋がります。自己が一番の資本なのです。

何だかんだ述べてきましたが、要は将来の自分の為にしっかり投資をしましょうということです。目先の利益に振り回されるのではなく、将来の自分を見据えて行動すること。思い立ったが吉日、たぶん年齢なんて関係ないと思います。かの著名な投資家ウォーレン・バフェットも「価格はあなたが払うもの。価値はあなたが得るもの。」と述べてます。

終わりの尾股与太話
我々の業界でよく叫ばれることにキャストさんのセカンドキャリア問題がありますね。それぞれのご事情がありますから自己投資もなかなか難しかったりします。何とか解決策はないかしらと考えてたら休日があっという間に夕方になってたりします。
そしてスタッフ側の私としても、一般社会におけるキャリア形成の観点から考えるとなかなか難ありなんですよね。自社で別の事業を行っていればそこに携われるかもしれませんが、そうした所はなかなかありません。勿論今の仕事もしっかり行わなければなりませんが、収入の分散化も考えなければと思う今日この頃・・・そしてその為にしっかり自己投資を行っていこうと思う次第でございます・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました