クリスマスシーズンにご紹介するカクテル

雑学

毎度お世話になっております。エテルナ京都店スタッフ尾股です。

月は変わって12月、いよいよ本格的に肌寒い季節が到来してきました。外へ繰り出せばモコモコ姿のカップルがくっつき合って街中を闊歩する季節です。クリスマスが近づけばより尚の事。独り身の人間としましてはこれ程精神的にきついシーズンはありません。まあしかしながら尾股、仏教系大学出身なのでクリスマスなんて邪教のお祭りに過ぎないと思っております。邪教のお祭りに過ぎないと思っております。邪教のお祭り、邪教のお祭り、邪教のお祭り、邪教のおm(ry

このままでは呪詛の言葉しか吐きそうにないので気持ちを切り替えましょう。
幸いなことにエテルナをお楽しみの皆様にはお気に入りのキャストさん、12月イベント、デートコースがあります。今月もコロナに負けずどうぞ当店を御贔屓下さいませ。

さて本題、今回はクリスマスシーズンにご紹介するカクテルと題していくつかご紹介させて頂きます。

◆雪国◆
まあ尾股がウォッカ大好き人間なので一つ目はこのカクテル。名前の通り冬の定番カクテルでもあります。「現代の名工」にも選出されました井山計一氏が1959年に発表したカクテルでございます。グラスの縁をグラニュー糖でスノースタイルとしながらも内側に注がれるのはウォッカをベースとしホワイトキュラソーとライムジュースをシェイクしたキレのある味。全体的に寒色系に仕上げつつも底にチェリーを沈めており、見た目にも情緒があり非常に美しいカクテルです。爽やかさと甘さを楽しめる味わいも非常にグッドです。

◆ホットベイリーズ・ミルク◆
クリーム系リキュールであるベイリーズとホットミルクを掛け合わせたカクテルです。程良い甘さと飲みやすさ、そして簡単に作れることから非常に人気が高いです。また、アレンジのしやすさも豊富で、ココアパウダーやシナモンパウダー、チョコレートを溶かして、ミルクを豆乳で等々、発想次第でいかようにも出来ます。手軽に暖まりたい寒い夜にぴったりの飲みやすいカクテルです。

◆尾股オリジナル1◆
私尾股がよく独りで作るカクテルです。モーツァルトのダークとコアントロー、生クリームをシェイクしショートグラスに注ぎます。モーツァルトはチョコレートのリキュールでこのダークは少しビターな味わいとなっております。ビターな味わいの中にコアントローのほのかな香りと酸味、そして生クリームの甘さと濃厚さで調和を取ったカクテルとなっております。甘く少し刺激のある夜を過ごしたい時に是非お試しください。

◆尾股オリジナル2◆
またまた私尾股が独りでよく作るカクテルです。アドヴォカートにストロベリーリキュールと生クリーム、仕上げにストロベリーソースをかけた別名「飲むショートケーキ」アドヴォカートは卵のリキュールと言われるカスタードクリームやスポンジケーキに似た味わい。こちらを使用したエッグノッグというカクテルが欧米のクリスマスドリンクとして有名ですがこちらにショートケーキをイメージしストロベリーリキュールを加えたものになります。分量的にはストロベリーリキュールがやや多めになります(アドヴォカートの主張が強いので)。これらをシェイクしてロングスタイルのグラスに注ぎこみます。生クリームをミルクにして最後にホイップクリームを載せるのもアリだと思います。

さて今回ご紹介いたしましたカクテル、気になる方は是非お試しくださいませ。尾股オリジナルは女性の方のみ作成しますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました