ココロを豊かにする瞑想の科学

雑学

毎度お世話になっております、エテルナ京都店スタッフ尾股です。当ページのバナーに座禅を組んでいるシルエットが使われているということもあり今回は瞑想についてつらつらと述べていきたいと思います。もちろん一般的に開放されているページでもありますので、出来るだけ宗教色は排除していきます(ちなみにスタッフ尾股はビッグオナニー教、教祖であります。入信に関しましてはお問合せまで。)

各宗教によって瞑想の意味合いは異なってくる為、今回述べていく瞑想は所謂「マインドフルネス」瞑想というもの。今を時めくGoogleやApple等の国際的大企業も、実際、研修に取り入れている物になります。こうした背景から今「マインドフルネス」という言葉が注目を集め、国内国外問わず様々な企業でも採用され始めています。この「マインドフルネス」平たく言えば「今現在の自分自身に集中すること」でございます。ネットの普及で情報が飛び交い、何かとストレスの多い現代社会。常に頭と心をを動かしている現代人にとって、頭と心を落ち着かせて自分自身を見つめる時間と言うものは非常に有効であるとされています。

では、このように瞑想を行い自分自身を見つめる事でどのような効果があるのか。主な効果として心を落ち着かせることによる【リラックス効果】や【集中力の向上】、【生産性の向上】、【創造性の向上】等があります。
【リラックス効果】に関しましては前述の通り、外部からの情報を遮断し心を落ち着かせることにより心身共にリラックスした状態となります。リラックスした状態になりますと普段気付かない外部への気付きが生まれると共に、その外部への感覚を客観的に捉えることができるようになります。

外部を客観的に捉えることができるようになると、そこに対して【集中】することが可能となってきます。それこそが【集中力の向上】に繋がり、今行っている業務の優先順位をつけられたり、自分の頭の中を整理することができます。

またこの外部への気付きを客観的に捉える事と同時に、その気付きを受容する能力が向上しやすくなるとも言われております。これが正に【生産性の向上】や【創造性の向上】に繋がっていきます。心身共に安定した状態で業務に臨むことでアイデアの創出や、集中する業務への成果も出やすくなることでしょう。普段気付かない事に気づくことにより大きなビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

さて、この瞑想、いざやるとなるとどういう風にすればいいのか。もちろん方法は様々ではありますが、私尾股の行っている方法で言いますと

・イスや床等に静かに座った状態。背筋をしっかり伸ばしたいい姿勢を保ちます
・鼻から空気をゆっくり吸い込み、口からゆっくり吐き出す。この時腹式呼吸になるように気を付けること
・それらをゆっくり繰り返し心を落ち着かせていきます
・やがて自分が呼吸していることに気づき、自然体の自分の重さを感じます

このようになります。こちらをご覧の方々も一度は試してみてはいかがでしょうか。上記の効果を確実に保証する、というものではありませんが、一種の気付きのトレーニング。スタッフ尾股も普段イケないようなAVのジャンルでもイクことができるようになったのも瞑想のおかげかもしれません。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました